福岡散歩~アジサイ2020(太宰府天満宮・福岡県太宰府市)

アジサイ
6月21日の太宰府天満宮です。

この時期の太宰府天満宮と言えば、ハナショウブ(花菖蒲)。
東神苑の菖蒲池に約55種3万本が咲き誇り、毎年多くの人で賑わいます。
私が行った頃はすでにハナショウブの見頃は過ぎており、菖蒲池の周辺に植えられたアジサイが見頃を迎えていました。

その前に……まずは、こちらから。
アジサイ

アップで撮ってしまったのでわかりづらいのですが、手水舎にアジサイの花を浮かべた「花手水」です。
【紫陽花情報】紫陽花が美しい季節を迎えました。(太宰府天満宮公式サイトより)
これまでもやっていたのかわからないのですが、今年はこのアジサイの花手水がメディアにも取り上げられ、大変話題となっていました。
長く続いた緊急事態宣言が終わり、ほんの少し遠くへ行きたいな、と思っていたところにこのニュースを知り、母を連れて久しぶりに太宰府へ足を運びました。
さすがに例年ほどの参拝客はいなかったですが、思っていたより人出は多く、みんな外に出たかったんだなあと思いながら参道を歩きましたね。

それでは、菖蒲池周辺のアジサイを一気に。

アジサイ
アジサイ
セイヨウアジサイよりもガクアジサイが目立っていました。
それも、とても可憐な花を咲かせていて、今年見たアジサイの中で、一番美しいアジサイたちでした。
アジサイ
アジサイ

ハナショウブも少し。
ハナショウブ
ハナショウブ

最後は、心字池をバックにアジサイ。
アジサイ

※  ※  ※

更新が遅くて本当にごめんなさい。
アジサイ2020、もう少し続きます^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA