2007全日本フィギュア

 もう4日くらい前の話ですが(汗)、思ったことを軽く書きます。

 まずは女子シングル。
 順位は順当というか予想通りでした。浅田、安藤、中野…この3人が現在の日本のトップ3であることは間違いなく、世界選手権も頑張ってほしいです。

 そんな中、目を引いた選手が何人かいました。
 まずはフィギュアファンの間で人気の高い太田由希奈さん。フジテレビもその辺は知っているようできちんとVTRも用意されていましたが…。
 もう溜め息の出る素敵な演技でした。
一つの動きに品があり、華があり、オーラがあり。足をスッと出し滑るだけで空気が変わるようでした。
 圧巻だったのが、フリーでのイーグル(両足を肩幅以上に開き、つま先を外に向けて円を描く技)とイナバウアー。
イーグルは好きな技なんですが、女子のイーグルに心をグッと掴まれたのは初めてでした。
イナバウアーは荒川さんの代名詞となっていますが、太田さんのイナバウアーもファンの間では昔から有名だったようで、想像以上の素晴らしさに鳥肌が立ちました。

 それからもう1人の復帰組、鈴木明子さん。
名前だけは知っていましたが演技を見るのは初めてでした。彼女も綺麗な演技でした。
 こんなに情感溢れる演技ができる選手が日本にも結構いるんですね。
世界の試合に出られる選手は限られていますから、なかなか見る機会がないんですが、太田さんといい鈴木さんといい、それ(世界に出る機会がない)がすごくもったいない気がしました。

 そして水津瑠美さん。
17歳とは思えない美貌はまるで女優さんみたいでした!雰囲気もとても落ち着いていました。
 びっくりしたのがエキシビジョンの演技。
曲名は忘れてしまったんですが、エキシビにしておくにはもったいないくらいのプログラム。
衣装も振り付けもバッチリで、「また見たい!」と思わせる演技でした。

 男子シングルは試合は見てないんですが(夜中だったし)、エキシビで気になる男の子がちらほら。男子のほうも高橋・織田に続く選手が出てきそうな予感がしました。
 世界選手権に出場が決まったのは高橋、小塚、南里の3選手でしたが、エキシビを見て気になったのは惜しくも4位で世界選手権出場を逃した中庭さん。
26歳ベテランの演技は、ヴィヴァルディの『四季』より「夏」。出られない悔しさをぶつけるような迫力の演技にジーンときました。
 同年代(だよね?)の本田くんや田村くんが解説やコーチで活躍する中、現役で上を目指し続ける姿に感動しました。
ベテランといえば、村主章枝ちゃんのエキシビも良かったです。彼女はやっぱりしっとりとしたクラシックが似合います。

 そんなわけで、日本にもいろんな選手がいるんだなあと実感した大会でした(もっと早く気付け!)。
アイスダンスのリード兄弟も頑張ってほしいです。
 選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。年末に素敵な演技をありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA