能古島日帰り旅行記

今日は気分転換も兼ねて、久しぶりに母と休みが重なったので2人で能古島(のこのしま)に行ってきました。
福岡市西区の、博多湾に浮かぶ小さな島です。本土から船で10分ほどの場所にあります。

今日は昨日の暖かい陽気が嘘だったように肌寒い日でしたが、休日と言うことで能古島へ向かう人はたくさんいました。家族連れから夫婦、カップル、何故か大量の缶ビールを持った大学生らしき集団…等々。

荒れた海
風がとても強く、海も荒れていました。しかし、島へのフェリーは小さくて、お客さん全員が船内の客室に入ることは出来ず、私と母はデッキで凍える羽目に。
久しぶりの潮の香りや顔にかかったしぶきも、寒さで感動どころではありませんでした。
島に着いたら、島一番の観光名所である「のこのしまアイランドパーク」の入場券を購入。そこからバスに乗って、島の北部(船が止まる渡船場は南部)へと向かいました。
カーブの多い細い山道を登るバスの中から見た島の風景は、本当に何もないというか、田舎の田舎の風景でした。島の特産らしきみかんの木やツバキの木が多く見られたのが印象的でした。
母はそれらを見ながら自分の故郷の島を思い出したようで、「ツバキがきれいだね~」と何度も口にしていました。

しかし、着いた先の「のこのしまアイランドパーク」は、そんな島の素朴な風景とは全くの別世界。まるでファンタジーの世界に迷い込んだようでした(少し大げさです、笑)。
園内はとても綺麗に整備され、季節の花々があちこちで咲き乱れていました。
桜は残念ながらまだ1分、2分咲きといった感じでしたが、この島の一番の見所である菜の花畑は満開。
菜の花特有の香りが強い風に乗って、遠くまで漂っていました。

菜の花畑
曇り空で暗かったせいか、遠くからの写真には菜の花の鮮やかな黄色がうまく出ませんでした(近くで撮った写真は綺麗に撮れたので、その写真は近々アルバムにアップします!)。
この菜の花畑の中には道があって歩くことができるんですが、一面花に囲まれるというのは、とても気持ちがいいものですね。お姫様になったような気分でした(笑)。

能古島からの眺め
これは園内からの眺めです。
天気が悪かったのが本当に残念でした。天気の良い日に、また行きたいです。

ここからは、ちょっと変わった写真をご紹介します。

すいがらくん
これは園内のあちこちにある「すいがらくん」。
おそらく、煙草の吸い殻入れではないかと思います。口や目の空いている穴に入れるのかな、と。このすいがらくんは、可哀想に口の穴に木の棒が入れられています(汗)。
ちなみに、「すいがらくん」の顔は全部違うようです。

電話
郵便ポスト
園内には、博多の古い町並みを再現した「思ひ出通り」という通りがあります。
レトロな雰囲気の喫茶店や古民家など、明治の香り漂うお店が並んでいるのですが、そこにこんなレトロな公衆電話と郵便ポストがありました。電話は「すいがらくん」に少し似ています(笑)。
滅多に出会える被写体ではないので、もっといろんな角度から、接写なんかもすれば良かったな、と今になって後悔しています…。

イルカフェリー
最後はこれです。
帰りの船を待つ間、渡船場の付近を歩いていたら見つけました。
イルカの形をした小さなフェリーです。可愛いかったので思わずパシャリ。
しかし今は運航されていないのか、寂しくロープに繋がれていました。

…以上、あまり風情のある文章にはできませんでしたが、「能古島日帰り旅行記」でした。

2 comments to “能古島日帰り旅行記”
  1. すいがらくんには、驚きました。
    みうらじゅんさんの本とか好きで読むことがあるんですが「ゆるキャラ」の発掘って実は面白い事なんですよね~。みうらさんにしても大絶賛必至って気もしますけどね~。
    そうしたものがあるというだけでも驚きですし、きっと設置された当事はポイ捨てに対して、すいがらくんを立てる事で対処しようとしたんだろうなぁ…っていうバックボーンまで考え出してしまうと、地味ながら文化遺産っす!
    って、すいがらくんだけの感想になってしまいました(汗

  2. >メロンぱんちさん
    私も最初に見た時は「なんじゃこりゃ?!」でした。
    よく見ると下の方に「すいがらくん」と書いてあって、「あ、灰皿か」と。
    世の中喫煙に厳しくなり、どこへ行っても「全面禁煙」の文字が大きく張り出されている中、禁煙どころか「ポイ捨て禁止」といった張り紙も見あたらず、こんなユニークな灰皿をずっと残していることに感動すら覚えてしまいました。
    木製の手作りで自然だらけの園内もに溶け込んでいるし、喫煙する人だけでなく、吸わない人が見ても心が和むような配慮がされていることにも驚きです。
    本当に文化遺産としていつまでも残していてほしいですね。
    検索してみたら、「能古島(のこのしま)ぶらり旅@福岡」というサイトさんに、全てのすいがらくんの写真が掲載されていました。
    とても面白いので、ぜひどうぞ(PCです)。
    http://www.funfunda.net/smoke.html
    しかし、口はともかく目から吸い殻を入れるというのは、なんともシュール(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA