真央と大ちゃん

今朝の朝日新聞に、フィギュアスケートの浅田真央選手(以下、真央)と高橋大輔選手(以下、大ちゃん)の対談が掲載されていました。
対談は一面いっぱい使われていて、真ん中には二人仲良く並んだ写真が!なになに、なかなかお似合いではないか(笑)。

4年前の騒動の時から「金メダル」なんて言われていた真央と、4年前の五輪では思うような結果が出せなかった大ちゃん。
大きく成長した二人は、今一番金メダルに近い日本人選手なんですね(真央は世界で一番近いといっても過言ではないだろうけど)。私も二人に大いに期待している一人です。

前回のトリノ五輪から、もう4年経とうとしているんですよ! 早いな~。なんか信じられない。
あれからフィギュアを巡る環境も随分変わってしまいました。しかし、なんだかんだで観続けています。これも真央や大ちゃんをはじめとする日本人選手の活躍があったからこそ、かな。
ソルトレイク、トリノと経て、好きな選手(特に外国人選手)が次々引退していき、フィギュア熱は急速に冷めていくかと自分では思っていたのですが、それをギリギリのところで繋ぎ止めてくれたように思います。

日本人選手は(トップで活躍している選手しか知りませんけど)みんな好きだなあ。
私がフィギュアを観るきっかけになったのは本田(武史)くんでした。それから、(村主)章枝ちゃん、ゆかりん(中野友加里選手)、真央、大ちゃん、小塚(崇彦)くんと、思えば私の観戦欲を掻き立ててくれる選手が途切れることはありません。
まさか日本人選手がフィギュアでこんなに活躍する日が来るなんて、誰が想像できたか。いまだに信じられないです、この状況。
その中でも、真央の存在は大きいように思います。

この4年間、浅田真央という、歴史に残る選手の成長を観ることができて嬉しかったし、楽しかったです(まだ現在進行形ですが)。その一つの集大成が、バンクーバー五輪。ああ、どうなるんだろう。今からドキドキしてしまいます。
大ちゃんの場合は、成長過程を見たという気持ちはしないんです。大ちゃんの成長というよりは、いち観戦者として私が大ちゃんに近付いていった4年間だったように思います。
もちろん、彼も大きく成長しているわけですが、4年前の私には彼の演技を楽しめる余裕みたいなものがありませんでした。彼の演技を好きになる、楽しめるようになった過程というのは、自分なりのフィギュアの楽しみ方を見つける過程でもあったように思います。
まあ、それは真央も一緒で。そういう意味で、この二人は私にとって特別な選手です。

例えば、上に上げた本田くんや章枝ちゃん、ゆかりんの場合、彼らの演技というよりは、演技から伝わる心みたいなものが好きなんです。もちろん演技も好きなんですが、演技から見える人間性というか、人間くささみたいなものに惹かれて応援していて。
真央と大ちゃんは、演技そのものが好きなんですね。私がそういう見方をしているせいもあるかもしれませんけど、二人の演技からは本人の姿が見えてこないんです。
真央の演技はなんというか無心の演技で、人間の肉体が作り出す美しさ(あるところでは“造形美”と評されていた)を堪能する。
大ちゃんは音楽と一体になったダンサー。音楽の「解釈」なんていう理屈を通り越して、メロディや音やリズムを全身で表現しているんです。感情表現ではなく、音楽をそのまま体現してる。一心不乱に(せっかくセットした髪の毛も振り乱して)滑る、というより踊る姿は、観てる人間の感性にストレートに伝わってきて、それが癖になっちゃうんです。

フィギュアというのは、クラシックやバレエ、オペラといった音楽が好んで使われていて、時に観戦者に(スケート技術以外の)知識までも要求するんですよね(バレエのストーリーとか、音楽の解釈とか)。
私のように知識のないものは、それが時々嫌になったりするんです(苦笑)。知識がないと演技が理解できない、とか、知識があったほうがより演技が楽しめる、なんていう状況が(いろいろと知っていた方がより楽しめるのはもちろんわかってはいるのですが)。
私の勉強不足と言われたらそれまでですが、勉強したいと思うほどフィギュアに夢中になれるかといえばそうでもなくて。私はただ、音楽に乗って、華麗な衣装に身を包んで、氷の上を優雅に思い思いに滑る人達を観たいだけ。
だから、真央や大ちゃんのような知識を要求しない(少なくとも私はそう思っています)演技、感性だけで楽しめるような演技が好きなんです。

トリノ以降の4年間で、私が見つけた私なりのフィギュアの楽しみ方はまさしくそれでした。私はただ、私の感性を揺さぶるものに惹かれて、フィギュアを観ている。
小説でも「読者至上主義」(作者が言いたいことではなく、読者が感じたことがすべて)を信じる私は、音楽も絵もフィギュアも、私の好きなように感じさせてほしいと思っています。たとえ「その解釈は間違っている」と言われても、「私はこう感じたんです」と言い張りたいというか。
一言で言うと、作り手の思いを汲みとるのが面倒なだけなんだけど(笑)。こんなこと言っていいものか。。

そういえば、対談では真央は大ちゃんのことを「大ちゃん」、大ちゃんは真央のことを「真央ちゃん」と呼んでいました。なんとも可愛らしい二人。
大ちゃんが真央のことを「すっかり大人っぽくなっていて…」と言っているくだりは笑っちゃいました。私も本当にそう思う。今4年前の彼女を見たら、びっくりしちゃいますもん。顔は変わらないけど、もう全然違うんですよね、雰囲気が。4年の間に、彼女がさまざまなものを乗り越えてきたんだと実感します。

というか、この大ちゃんの言葉に対する真央の応えが書いていないんです!! 
本当は、

「えー、そんなことないよー(照れ笑)」

なんて言っていたんだろうか、とか、いろいろ妄想しちゃうじゃない! 朝日さん!

最後のやりとりも面白かったです。
真央が大ちゃんに「スケートをやめたら、次は何をやりますか?」と聞いているんです(この時期にそんな質問を……)。
大ちゃんは「今は五輪で金メダルを取る事以外に夢はない」と答えているんですが、真央はなんと最後に、

「大ちゃんがいつまで現役を続けるか分からないけど、大ちゃんは振付師になれると思います。」

と言ってるんです(笑)。いろんな意味で真央はすごい(笑)。
大ちゃんの振り付けには、真央も思うことがあるのかな。男女という違いはあれど、お互いに刺激し合っているようで、とてもいい対談でした。

さて、来週からグランプリシリーズが始まります。
いつも何かと逃しがちなので、できるだけ(放送される)全試合見逃さないようにがんばるぞ~(汗)。
そういえば、プルシェンコも復活するんですよね。楽しみだ~!
今大会は多くの選手にとって一つの転換期になるだろうから、しっかり目に焼き付けたいです。

2 comments to “真央と大ちゃん”
  1. あのトリノからもう4年ですか…
    大学2年春休み、サークルの旅行で泊まった旅館で荒川のメダルをたのを覚えています。
    来年バンクーバーは女子連覇、もしくは金銀、はたまた独占という可能性もあるから楽しみです。
    浅田か安藤か中野か…
    ものすごく期待してます。

  2. >けいたさん
    正直、バンクーバーは金を期待しているものの、日本人に続けて取らせてくれるだろうかと懐疑的でもあります。
    ソルトレークでのカナダペアの件とかありますしね…カナダはあまりいいイメージがありません(苦笑)
    表彰台に二人以上立つのはかなり厳しいと思います。
    代表はまだ決まったわけではありませんが、仰るように浅田・安藤・中野でほぼ決まりでしょうね。
    安藤さんは大ちゃんと同じく前回のリベンジになりますね!
    バンクーバー、待ち遠しいですが、その前に代表選考で一悶着ありそうな予感(^_^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA