GPシリーズ・フランス杯男女SP

始まりました、グランプリシリーズ初戦フランス杯。
結果は昨日の夜中にはもうわかっていましたけど、結果を知っていて観るとやはり安心して観られます。感想を簡潔に殴り書き。

男子

■織田くん
今朝の新聞に結果とコメントが掲載されていて、本人はとても悔しそうにしていたと書かれていました。どんな演技だったんだろう、と思いながらの観戦でしたが、観て「織田くん、よくやった!」と思いました。
でも、点数が出た瞬間もそうでしたが、本人はものすごくショック受けてましたね。新聞には「表現力を磨いてきたつもりだけど、自己満足だったかもしれない」との発言が書かれてあって、そんなことはないだろうと思いましたが。確かに点は伸びていませんでした。技術点は4回転ー3回転を飛んだ1位のベルネルより上だったんですよね。。

スピードが足りなかったかな、とは思いました(男子は放送された3人ともスピードが遅いように感じた。勢いもなかったし)。
あと、力強さというかキレがもうちょっと欲しかったかな。本人はそこに力を入れていたみたいなことを言っていましたが、それが観ているほうにはちょっと伝わってこなかった。
プログラム自体は好きです。

涙がトレードマークの織田くん。男泣きを嫌う人多いけど、私は織田くんの涙好きだよ(笑)。でも今回の涙は記事にもあったように、ちょっと今までの涙とは違う感じ。ちょっと男っぽくなったなあ、と思いました。
フリーのチャップリンはすでにYoutubeで観ていますが、かなりいい感じです!織田くんに似合っていました(評判もいいみたい)。明日の演技に期待したいです。

■ベルネル
彼の演技を初めて観たとき、「ポストプルシェンコになれるかもしれない」と思ったのですが、「やっぱり違う」と今日思いました(笑)。
観客ののせ方とかプルを彷彿させる部分もあるけど、ジャンプ以外にも迫力が欲しいよ~。簡単に言えば、もうちょっと複雑な演技が観たいよ~。あっさりしすぎてるよ~(泣)。
やはりプルさんはプルさんしかできないから、プルさんなのか。。
でも4回転ジャンプは観ていて気持ちよかった! 男子のジャンプは豪快なものが好きなので、あれが観られたのは良かったです。明日も観たい。

■ジュベール
このプログラムはあまり好きではなかったので、ちょっと残念。
本人も出だしから乗っていないのがわかったので、さらに残念。緊張していたのかなあ。

■リッポン
いや、ジュベールのほうが有名なのはわかるし、女子のほうが人気があるのはわかるんだけど、せめて上位3人は誰であろうと放送して欲しかった。。
わかっているさ、期待する方が馬鹿だって。Youtubeでじっくり観ますよ、ええ。言葉のわからない海外放送のほうが実況気にせずに安心して観られますもの、ええ。

女子

■ゲデバニシビリ
いやはや、胸の谷間が気になってしょうがなかった(笑)。
この路線で固定されちゃっているような。。しかし、フィギュアって基本的にやせ形の選手が多くて、胸もみんな小さいから、こういった選手は本当にいるだけで目立ちますね。
東欧系の顔立ちも。日本人好みだし。見た目の重要性をつくづく感じる(これに実力が伴えば……)。
『フィーバー』、好きな曲なのでちょっと嬉しかったです。日本の19歳と比べればそれはもうとても色気のある魅力的な選手なんですが、はつらつで明るい色気なので、『フィーバー』のイメージとは少し違ったかも。まあ、「『フィーバー』のイメージ」といっても、私のイメージなんですけど(苦笑)、しかもなんとなくなイメージ(汗)。
フリーは『カルメン』のようで。明日放送してもらえるかなあ。

■コルピ
ああいう黄色の衣装が似合うって羨ましい。
演技は……ごめんなさい、あまり惹かれるものがなかったんです。。書くことが見つからない。

■ジャン
実況でも触れられていましたが、体型が変わってる! 昨年は本当に少女体型だったからびっくり!
正直言うと、私は細い体の子供が重そうなスケート靴履いて滑っているのを観るのは苦手で、ジュニアとかとてもじゃないけど観られないんです。昨年のジャンはまさにジュニアから上がってきたばかりで、あのパールスピンも目を背けたかったぐらいでした(体が壊れちゃいそうで恐いんですよ!!)。
それがまあ、こんなに大きくなって!(笑) 体も少しふっくらしてましたね、女性の体になってきているというか。1年でこんなに変わるんですねえ。今日は安心して観てられました。
ジャンプの入り方は相変わらずあれだったけど、スピンとかスパイラルはやっぱりとても綺麗。柔軟性って大事ですね。とても強い武器だと思います。
これからどんな風に成長するのか楽しみです(バンクーバーの次のソチでは20歳ですね!)。

■ゆかりん
ゆかりん、好きだーーー!!!(笑)
『オペラ座の怪人』、今日初めて観たのですが、イメージしていたのと違いました。アンドリュー・ロイド・ウェイバーのこの曲って、いわゆる大衆受けが良いというか、印象的なメロディラインと盛り上がりと迫力で持っていく曲だと思っていましたけど、今日ゆかりんが使っていた音源は最初と最後にオルゴールが使用してあって、有名なメロディもちょこちょこっと使われているだけで、優しい印象を受けました。
もっと迫力で押すようなプログラムなのかと思っていましたが、スパイラルの時はいつもの笑顔で、あまり悲劇的なものが感じられなかったというか。これはこれでありなのか。
演技自体はとてもスピード感があって、それこそ迫力もあって、実況でも言われていたように「空気が変わった」という演技でした。
衣装も、確かに手首のヒラヒラが気になりますが、全体としてはいい感じ(いつもセンスいいなあ、と思う)。赤い髪飾りも可愛くて、あれは曲のイメージとぴったりだなあと思いました。
明日は『火の鳥』。こっちの衣装も(衣装だけはすでに確認済み)すごいものになっていますけど、楽しみです。

■真央
衣装と曲が合ってないよ~。『仮面の舞踏会』でいいから、衣装を変えるか(パステルより白のほうがいいと思う)、音源を変えるか(もっとライトな感じのやつとかないのかなあ)、構成もパッと見、昨年とほとんど変わりがなくて、もうちょっと工夫が欲しかったかも。。
それにしても、彼女のイーグルはかっこいいですね。女子でこんな大きなイーグルができる選手ってそういない気も。

しかし、練習では連発していた3回転半を失敗してしまうとは。
個人的には真央のジャンプには魅力を感じていなくて、彼女はジャンプの選手ではなくて表現の選手だと思っているのですが、本人はきっと跳ぶことが好きなんだろうな。
もちろん、今これだけ3回転半を飛べる選手は真央しかいないし、この先彼女を超える選手が出てくるかどうか、可能性は低いと思うから、とことん挑戦して成功させてほしいと思います。だからこそ、失敗が残念。
フリーはどうするのかな。

■キム・ヨナ
これは盛り上がらずにはいられない。どうすれば観客が乗ってくれるか、自分の魅力を最大限に生かせるか、本当によく考えて作られているなあと思いました。
007のイメージと合っているかどうかはわからないけど(映画観たことないんで)、それ抜きにしても誰もが一度は聞いたことのあるメロディに、私のように映画を観たことがなくても何となくイメージできてしまうポーズを取り入れる等、誰でも楽しめるエンタメとして完成されている。しかもミスがない(ここが一番大きいですね……)。
私、彼女のジャンプ、好きです。シャープで幅があって、スピードに乗って跳ぶから迫力もあって。フリーもこの調子でいけばいいのですが、フリーはいつも失敗しているイメージ。どうなるかな、明日は。

■コストナー
ジャンプのミスが……。彼女も実力はあると言われているのに、ジャンプに安定性がないですね。しかも転び方がいつも痛そう。。
彼女のジャンプもキム・ヨナと同じでスピード系で迫力があって(背が高いのでなおさら)好きなんですが、なかなか成功したところが観られない(苦笑)。
がんばってくれ~。いや、がんばってると思うけど!
観客の声援が大きかったのは同じヨーロッパ人だからかな?

※おまけ
今ISU(国際スケート連盟)のサイトを開きながら書いていたのですが、書いている途中に織田くんの優勝が決まりました!
おめでとう、織田くん!!
点数めちゃくちゃ高いので4回転成功したのかと思ったら、入れずにあれだけの点数をたたき出したみたい。現地の方のお話によると、本人もとても喜んでいたようです。
表現力もしっかり評価されているようですし、良かったね! 
こりゃ、テレビで観る前にYoutubeチェックですな。

参考:男子シングル・フリースケーティングの結果(ISU公式サイト)

コメントを残す

CAPTCHA