福岡市植物園・秋編~その1

この間の週末に福岡市植物園に行って来ました。
今回の目当ては、紅葉と温室のランやハイビスカスなどなど。2時間ほどかけて、秋の終わりの日差しを浴びながら、晩秋の風景を楽しんできました。
(これからは写真の掲載サイズは300×400にします。携帯は機種によって閲覧できないかもしれませんが、ご了承ください)

紅葉1
紅葉2
前回夏に行った時は、緑の木々に覆われていた坂道も、モミジなどが綺麗に色付き、すっかり秋の風景になっていました。老夫婦や家族連れが紅葉に足を止めつつ歩く姿に、行きも帰りも出会うことができました。

園内にも紅葉を楽しめる「紅葉樹見本園」という区域があります。

紅葉3
イロハモミジ
イチョウ

この「皇帝ダリア」も見頃です。ダリアと言えば草本植物なので背丈は低いイメージがありますが、このダリアは4m近くもあります。花の形もあまりダリアっぽくないかも。透ける花びらが印象的です。

皇帝ダリア
このダリアを見たあと、近くのベンチで少し休憩して周囲の木々を見ながら、温室へと向かいました。

温室に入ると、まず出迎えてくれるのがブーゲンビリアとハイビスカス。
ハイビスカスは今回の目的の一つでもあったのですが、残念ながらほとんど咲いていませんでした(咲き終わった後っぽかった)。ブーゲンビリアは綺麗に咲いていました。

ブーゲンビリア
ハイビスカス
楽しみにしていたランも、小さいのがちらほら咲いているだけで、期待していたものは見られませんでした。

ラン
可愛かったので撮影したのですが、名前をメモるのを忘れてしまって名前がわからず……(今回は撮影した花の名前をメモることにしたのですが、この花だけ記入漏れ)。

サボテン多肉植物室には「金鯱(キンシャチ)」という大きなサボテンがありました。

サボテン・金鯱2
本当に大きかったです!!

鉢花室には、球根ベゴニアがたくさん壁に掛けてありました。

ベゴニア・イエロー
あんみつ姫
下のベゴニアは「あんみつ姫」という種類だそうです。名前も見た目も可愛い♪

大温室には熱帯・亜熱帯植物があって、さながら熱帯雨林のよう。
とにかく見たことのない植物がたくさんありました。

温室
池には鯉もいました。

温室・鯉
熱いのかと思ったらそうでもなくて、でも湿気が凄かったです。水がずっと滴っていました。

その2へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA