第78回全日本フィギュアスケート選手権大会 女子(プラスα) 雑感

予想していたとはいえ、好きな選手の代表落選はやはり堪えます。昨夜から心が落ち着きませんでした。
今日は仕事納めでしたが、ほとんど(まあ大したことはしてないけど)手に着かず上の空。唯一気分が晴れたのは、茶渋のついた湯呑みを漂白し、真っ白になったのを水洗いしている時でした。。

私がフィギュアを見始めた10年ほど前から日本の女子フィギュアを引っ張っていた章枝ちゃん。
トリノで章枝ちゃんと共に撃沈した私を女子フィギュアに連れ戻してくれたゆかりん。
ゆかりんは演技後に諦めにも似た表情で視線を落とし、章枝ちゃんはフィニッシュで上げた腕をすぐに下ろしてしまった。二人のこんな表情を同時に見ることになるなんて。
五輪が目の前から逃げていった瞬間でした。

結果はネットで先にチェックしていました。どうせ試合はまともに見られないだろうと思っていたから。直前まで見るか見まいか迷っていました。でもやっぱり、二人の演技だけは見ておかなきゃと、TVの前に座りました。

二人とも決して良い出来とは言えなかったけど、難度の高いトリプルフリップとトリプルルッツをそれぞれ2度入れるという勝負に出たゆかりんの意気込みと、章枝ちゃんのまさかまさかの後半の3連続ジャンプ。
二人のこの試合にかける思いが痛いほど伝わってきて、胸が熱くなりました。
勝負には負けたけど、この二人の演技がやっぱり好きだし、ともにこの日一番の大きな感動をもらいました。

フィギュアスケートは大好きだけど、女子シングルだけは他の種目と比べて「好き度」が落ちるんですよね、どうしても。それでも見ていたのは章枝ちゃんとゆかりんがいたからでした。
もちろん、今回代表に選ばれた3人を含む日本人選手の活躍が大きいわけでもありますが、その中でも毎回ハラハラしながら演技を観るほど惚れ込んでいたのは、この二人だったように思います。
悲しいことに、自分で自分に「何を今さら」と言いたくなるくらい、不真面目な観戦歴(二人の全部の試合を観ていない、覚えていない)なんですけどね。。
それなのに二人の結果にこれほど落ち込んで、自分でも驚いています。
そしてSPで気付いたのですが(遅いよ)、今季日本女子で一番好きなプログラムは章枝ちゃんのSPかもしれません。私の好きなバッハ。そう、バッハだったのに……。

そんな私がこんなことを言うのも変ですが、ここに来てやっと何かから解放されるような気持ちです。
ゆかりんはもう五輪挑戦は今回が最後とのこと。現役はどこまで続けるのかはわかりませんが(来季も続けるなら、もちろん応援します)。
章枝ちゃんは「正直言うとまだ続けたい」と言っていますが(彼女の正直さに思わず笑ってしまいましたが、私もスケートから離れた章枝ちゃんの姿は想像できない……)、実力的に世界で戦っていくのは難しいですよね。。
二人の動向次第でもありますが、ここで一つの区切りがつけられるような気がします。
正直言うと、好きな選手の成績に一喜一憂する、そんな状態に身を置くことに疲れてしまいました。

誰々が○○だったら……とマイナスな思いを抱いてしまう自分が嫌というか、好きな選手の結果に悲しむだけでなく、他選手の失敗を願うまでになってしまうのが嫌です。今回ほんの一瞬でもそうなってしまって、そんな自分に嫌悪感を抱きました。すごく嫌だった。
そんな気持ちでフィギュアを観たくないんですよね。フィギュアそのものが好きだから。楽しんで観ていたいから。
特定の選手に思い入れを持つことは、それはそれでとても素敵な経験もできるけど、そうでないことも多々あるんですよね、私の場合。。

いろいろ思うことはあるんですけど、うまくまとまらないし、これ以上言うこともないような気もしますのでこのへんでやめます。こんな状態なので、各選手の演技については書きません。というか書けません。支離滅裂ですみません。
五輪出場が決まった真央、ミキティ、あっこちゃんの3選手が五輪でも輝いてくれることを願うばかりです。

……ふう、書いてだいぶすっきりしました。
よし、五輪はこれで気持ちよく見ることができる、できるぞ!(自分に言い聞かせ)
もう誰がどうなっても、結果を素直に受け止められる(たぶん)。

そうそう、アイスダンスはリード姉弟の出場が決まりました。
今ちょうどエキシビを見ながら書いているんですが、この二人のエキシビ良かったですね。荒川さんじゃないけど、二人だからできるものを十分に見せてくれて。
それから今大会、ペアには高橋・トラン組が出場していました(ペアは五輪の枠がないのが寂しい)。私はこのペア、グランプリシリーズで初めて見て知ったのですが、本当にこれからがとても楽しみな二人です。ソチ五輪で見たい! がんばれー!!

リンクやその他様々な事情で日本ではペアやダンスは育ちにくいと言われていますが、これらの種目でも日本人選手が活躍できる日が来て欲しいです。怒られるの承知でいうと、シングルはもうお腹いっぱい(笑)。

※おまけ
少し気分が良くなってきたので、エキシビの感想(見ながら書き)。

ゆかりん、綺麗だー!!

ミキティ、衣装がエロ過ぎますよ! ただでさえフェロモン出まくりなんだから、少しは抑えなさい!!(笑)

あ、織田くんの新しいエキシビナンバーいいですね。
私、織田くんに合うのはよく言われるようなコミカル路線じゃないと勝手に思っているので、こういった優しく繊細なナンバーは嬉しいです。
チャップリンも表面はコミカルだけど、本当はもっともっと奥深いですもんね。
いろいろ試して、五輪シーズンに自分に合う場所に辿り着いたんですね。
織田くんも思えばいろいろありましたね。よかったよかった、目標の場所に来ることができて。
また素敵な笑顔を見せてね。

あっこちゃん、キンキラ(笑)。
あー、映画『シカゴ』を滑ってほしいかも。あっこちゃんくらいの年齢と経験を重ねた女性だったら、とても良いプログラムができそう。
少し昨日の感想を書きますが、昨夜あっこちゃんの全身から溢れていたのは、試合だけでなく人生においても「もう怖いモノなんてない!」という力強さでした。「ウエストサイド物語」ではなく、「鈴木明子物語」に観客を巻き込んでいたように感じました。
生き様を見せられたら、そりゃあ感動せずにはいられません。あっぱれ、あっこちゃん。

大ちゃん……そうか、こんなに中性的な表現もできたんだ。うーん、美しい!!
小声で言うけど、ジョニー・ウィアーのお株を奪わないで(笑)

真央、衣装をどうにかしてくれー(涙)。

小塚くん、ごめん。見てなかった。悪気はないんだ、許してくれ。

今回も素敵なドラマを見せてもらいました。選手の皆さん(スタッフの皆さんも)、本当にありがとうございました。
ただの試合ではない、その裏にある一人一人の人生を垣間見て、楽しむだけに観ていることが申し訳なく思えました。応援を本人に届けようという気持ちが起きないことに、何だか罪悪感を覚えるというか。
いろんなこと考えすぎでしょうか。何なんだろう、この気持ち。

それはさておき、まだ試合のある方々は体調に気を付けて、次へと備えてくださいね。
今季終了した方々は心身共にゆっくり休んでください。そして次のステップへと歩んでください。
皆さんの更なるご発展を願って。来る年が素晴らしい一年となりますように。

ここにこうして書くことがみんなに届くとは思わないけれど、書かずにはいられなかったので。。毎度の独り言でした。

コメントを残す

CAPTCHA