時間は待ってくれない

カフェ(と言っても私が行くのはほとんどチェーン店)に行く時は、入る前に外から店内の様子を覗いて、言葉は悪いですが、うるさそうな人たちがいないかを確認して店に入るかどうか決めます。
時々「なんて小さい人間なの、私は」と思うのですが、やっぱりお客さん次第で入るかどうか決めてしまいます。
すべては「心地よい時間を過ごすため」です。

一人で行くときはカフェに行くこと自体が目的ではなく、その時の気分次第というか、たいてい疲れを癒したくて入ることが多いから、お店の雰囲気が気分に合わないとダメなんですよね。
お客さんが少なくて、ゆったりした空気が流れていると、そのまま眠りたくなっちゃいます。そういう時間を得るためなら、コーヒーの値段にはこだわりません。まあ、チェーン店だから安いほうではあるけど(笑)。
今日飲んだバニララテは360円でした。

※  ※  ※

私はたぶん、お金も時間も節約するのが下手なんです。
お金はいつもカツカツ。今も給料日前で危ないのに、ラテを飲んでしまいました。
気まぐれに動くから、時間の使い方も下手。
時間が足りなかったり、余りすぎたり、「有意義な時間を過ごせた」と思うことも少ないです。

もっと賢く生きることができたなら、と思うけど、賢くなるための努力をしたくない、という思いもあります。
それはただ頑固でバカなだけなのに、「気の向くままに流れるままに生きてるんだぜ」と美化している自分がいたりして。愚かだなと思いながら、そんな自分を正当化せざるを得なくて。
……。

※  ※  ※

時間は待ってくれない。

こうやって気持ちを携帯にメモしているうちに、バニララテは冷めてしまいました。
ぬる~いラテを一口ずつちびちび飲んでいたら、お客さんの顔ぶれもいつの間にか変わっています。
店内が騒がしくなり始めたので、残りを飲み干して、店を出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA