ナチュラルに聴いてね

今さら、Perfumeにはまってみる。


今まで、どうにも苦手で食わず嫌いだったPerfumeを聴いて、今さらながら彼女たちのユニークさに気づいて驚いてます。

何が苦手だったのかというと、ずばり言って、容姿(ごめんね…)。
だからTVに彼女たちが出ていても何となく見る気がしなくて、Youtubeで動画を見るのも何となく気が引けていました。

お気に入りのブロガーさんがPerfumeについて語っていて、前々から気になってはいたんです。でも、なかなか聴く気になれなくて。
それが昨日ふと思い立って、Youtubeで一気に聴きました。
ずっと聴いていたら、これがとても心地よくて、すっかりはまっちゃってます。

Perfumeというと、テクノ調の楽曲とエフェクトのかかった歌声が特徴になるんでしょうか。
このエフェクトはいろいろ言われているようなのですが、私は好きです。
声にエフェクトがかかっていることで歌詞が聞き取りにくいんですが、それが最近のヒット曲に見られるような言葉の押し売り感を消しているように感じました。
だから、BGMとしてながら聞きができます。サウンドだけを楽しめて、言葉が耳障りになることがないんです。

かといって、歌詞に意味はないのかというとそうではなく、じっくり聴いていると、とても鋭いところをついてたりするんですね。

まだ全部聴いたわけではないんですが、特に「すごいな」と思ったのは『ワンルーム・ディスコ』。
初めて一人暮らしをするとき(引越しとかも)、新しい土地にやってきたときの不安と期待がとてもよく表現されていて、聴きながら思わず泣きそうになりました。

サウンドだけ聴けば、ノリのいい曲なんですよ。
「ディスコ、ディスコ、ワンルームディスコ、ディスコ、ディスコ」って、最初に聴いたときは「なんのこっちゃ」って思っちゃったんだけど、でもじっと耳を傾けてると、

なんだって少なめ 半分の生活
だけど荷物は重い 気分は軽い
窓を開けても 見慣れない風景
ちょっと落ち着かないけれど そのうち楽しくなるでしょ

新しい場所で 上手くやっていけるかな?
部屋を片付けて 買い物に出かけよう
遠い空の向こう 君は何を想うの?
たぶんできるはずって 思わなきゃしょうがない

新しい場所にやってきた不安と、それを抑えて期待を持とうとする葛藤?っていうのかな、そういう心の動きは私も感じたことがあって。知り合いが誰もいない場所に引越しをしたことのある人なら、わかるんじゃないかなあ。
ポップなメロディなのに、涙がほんのりにじんでくる。

たぶんできるはずって 思わなきゃしょうがない

「できるはず」というのは、無理やりそう思い込んでいるんだけど、でもその「無理してる」ことさえも素直に吐露して、必死さをかき消してる。
不安と、不安を抑えようとする自分と、少し無理して希望を抱こうとする自分とをすべて受け入れる感じが、ああ、いいなあって思いました。

歌詞にも見られるように、一生懸命頑張っているけど決して必死ではない、あくまでも無理のない範囲でやっているのが、彼女たちの特徴のようです。

決して美人ではない三人が、短いスカート、高いヒール(と言っても、ちゃんと太くて動きやすい高さのヒール)を履いて踊ってる。
すごいなあと思ったのは、ギリギリ見えそうで見えないスカートの丈で、ギリギリ見えない範囲で踊っているとこ(中にショートパンツ履いてるから見えてもいいんだけど)。
どこか奥ゆかしさを感じさせる、不思議なダンス。
こういうのって、たとえばアメリカじゃ生まれなさそうって思いました。

ファッションは女の子らしさを押し出した格好なんだけど、それを売りにしてる感じもしないんですよね。色気もあまりないし、嫌味がない。
誰にも媚びてないんです。「私たち、こんな感じなんです」ってだけで。
楽曲も、「私の歌、いいでしょ? 感動するでしょ? あなたも同じ事思うでしょ?」という押し付けがましさが全然なくて、「気に入ってくれたら嬉しいです。でも、無理して聞かなくてもいいからね」そんな感じ。
それでいて、突き放すような冷たさはありません。

「受け入れる」というのかな。「来る者拒まず」。
でも「内輪」にはならない。あくまでも全員を受け入れる用意はしていて、広くゆるく門を開いてる。

本人たちやファンの考えとかはわからないけど、楽曲だけ聴いてたら、ゆるくて広いんです。こんな風にミーハーで聴いてる私でも入っていけちゃいそうな。
大衆的ではないけど、かと言って一部のマニア向けというわけでもなさそう。

ライトなサウンドだし、ダンスもパッと見、かつてのパフィーを思い出させるようなゆるさがあって変な風に誤解されそうなんだけど(そんな誤解するの私だけかもしれないけど)、よく見たら、計算し尽くされていて、きちんと作ってあるんですね。
だから、じっくり聴き入ることもできるし、見ることもできる。

必死さを感じさせない頑張りとか、無理のない一生懸命とか、しっかり練られたゆるさとか。
ちょっとおかしい日本語ですけど、相反するものをまたぐような、違うものをまとめて取り込んじゃうような、不思議な空間なんですよね。Perfumeの作る空間って。

売れるまでにかなり苦労しているそうなんですが、そういうのが歌っているのを見るだけでは全然伝わってきません。これはいい意味であって、私は泥臭いのが好きだけど、彼女たちは全然そういうのを感じさせないのに、気づいたら親しみを感じてるんです。
プロデュースが優れているんでしょうね。そういうのってよくはわからないけど、すべてがうまくかみ合って、「Perfume」という一つの作品が完成されてるんだと思います。

あと、「アイドルだから」とか「テクノだから」とか、特定のジャンルに固定されない感じがすごくいい。
自分たちがやるべきことが定まっていないと、不安に駆られて、既存の枠組みのどれかに属さなきゃと焦るものだけど、彼女たちは「Perfume」という自分たちだけの枠組みを作り上げているから、迷いがないし、それをしっかりとこなしているように見えます。
かと言って、やらされてる感は全然なくて、何より本人たちが一番楽しそうに歌って踊っている。そういうのは、見ている側に安心感を与えてくれるから、すごく大事だと思うんです。

あえて彼女たちに肩書きをつけるなら、「パフォーマー」になるのかなあ。Youtubeでライブ映像とかファンのコメント見て、そんな風に思いました。

ま、ぼちぼち、他の曲もゆる~い感じで聴いてみたいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA