宇多田ヒカル『COLORS』

私にとって宇多田ヒカルさんは、良くも悪くも特別な存在ではあったんだろうなあと思います。
高校時代に同世代の彼女が彗星のごとく現れて、私の青春の終わりかけに(私の意識の中から)いなくなっていたのは、何かあるんだろうなって。


……でも、彼女の音楽にそれほど感銘は受けていません。
同じブームでも、小室さんの楽曲が思い出や懐かしさとともに今でも心を揺さぶるのに比べると、彼女の曲で今も感動できるのは『COLORS』くらい。
好きなシングル曲はいくつかあったけど、アルバムを聴きたいとは思わなかったのは、私には合わない音楽だったんだと思います。
デビュー曲にはとても驚いて感激したし、それ以降の何枚かも好きだったし、PVだって飽きるほど見たのに、思い出の曲にはなっていないんです。。

彼女の場合、彼女自身の存在が大きすぎたのかな。存在はとても強烈でした。特異なキャラが少し……いや、だいぶ苦手でした。
弟に「姉ちゃん、しゃべり方が宇多田に似てる」と言われた時は随分と落ち込んだものでした。
だから、「良くも悪くも特別」。
忘れることはできない人です。「ああ、そういえばそんな人いたね」とは言えない人。
ただ、以前ほどメディアを騒がせなくなったせいか、私の中では「名前を聞かなくなった人」になってしまいました。
まあ、そんなものなのかなあ。
彼女の時代は確かにあったけれど。もう10年も前の出来事。もっと遠い記憶のよう。

昨夜は写真を整理しながら、ふと彼女の『COLORS』を思い出したんです。昨日の夕焼けの写真はトワイライトモードで撮影したんですが、紫フィルターのかかったあの写真を見てたら、「オレンジ色の夕日を」って歌詞が浮かんできて。
それで動画を載せようと思って、Youtubeに動画を探しに行ってみたら、見事に削除されていました。カラオケとCM(トヨタのWISH。好きなCMでした)の動画しかありませんでした。
だから最後に少し触れた程度だったのですが、今日もう一度英語で検索してみたら、あっさり出てきました。

そういうわけで。

歌詞が、とても好きでした。日本語オンリーの歌詞は、彼女のシングル曲の中では珍しかったし。
この曲が、私の中で宇多田ヒカルが最後に光った曲でした。

コメントを残す

CAPTCHA