雲という名の演出家

いろんな人の空の写真を見ながら、雲のすごさを感じます。

雲がなければ、空は面白くない。
人が空を見上げるのは、そこに雲があるから。
…と、これは半分は受け売りです。。

そういうわけで、写真に収めたもののブログにもツイッターにも載せる機会のなかった写真を少しばかりご紹介。どれも今月撮影したものです。

9.25夕方
25日、映画を見に行った帰りに撮影した秋模様の空。

9.16夕方
9月半ばの夕暮れ。

9.12雨上がりのお堀
ある日の舞鶴公園。雨上がりの妖しい空。

9.12雨上がりのお堀2
上と同じ空。

9夕方
9月初旬、マンションの階段から撮影した夕暮れ。

どれも違う雲だけど、同じ雲。
もしこの空に雲がなかったら、と考えると、雲のすごさがわかります。
空も太陽の光も、雲の演出があってこその美しさだなあと、秋の空を見上げながら思うのでした。

コメントを残す

CAPTCHA