福岡散歩~秋のバラ(中央区・福岡市植物園)

昨日、ふと緑に出会いたくなって、福岡市植物園へ出かけてきました。
あいにくのお天気でお客さんは少なく、とても静かでした。
15時過ぎに出かけて、閉園1時間前の16時を少し回ったころに入園。閉園を迎える頃には雨も降ってきて、1時間もいられませんでしたが、秋の雨に濡れたバラを堪能してきました。

20101009マチルダ

※  ※  ※

17時閉園の植物園に16時をまわってから入園するというのもおかしな話ですが、15時過ぎにどうしても行きたくなったので、慌ててお化粧をして、着替えて、家を出て、バス停まで走って、バスに飛び乗って、行って来ました(笑)。

休日の園にしては珍しく静かな園内をトボトボ歩きながら、向かったのはバラ園。
満開に咲き誇り……というわけではありませんでしたが、5月に行ったときにはまだ植栽したばかりで、寂しかったバラ園も鮮やかな色と香りで彩られていました。

いつものごとく全体写真はうまく撮れなかったのでボツ。アップで撮影したバラの花々をご紹介します。
今回は種類名もわかるように名札も撮影してきたので、名前も一緒にご紹介します♪

トップに使用したのは「マチルダ」という品種です。
20101009マチルダ
開きかけたばかりのマチルダ。不穏な曇り空の下でも可愛らしさは変わらないですね。

こちらは「ゴールデンボーダー」。
20101009ゴールデンボーダー2
20101009ゴールデンボーダー1
少し色が違いますが、同じ種類です。花びらのふさふさ感が好きです♪

09ふれ太鼓
日本の「ふれ太鼓」。鮮やかな橙色は、太鼓の軽やかな音色を連想させます。

20101009桜霞
こちらも同じ日本産の「桜霞(さくらがすみ)」。
このバラの木は満開でした。小ぶりな花が押し合うようにたくさん咲いていました。

「アイスバーグ」もたくさんの花を咲かせていました。
20101009アイスバーグ
輝くような白い花。きれいでした。

次のバラは少し変わった形。
20101009ヘラルドトリビューン
だいぶ花びらが開いちゃってますが。
名前は「インターナショナル ヘラルド トリビューン」。
なんで新聞社の名前なんでしょうね。名前も変わってます。

「モリニュー」。
20101009モリニュー
このバラは「英王立バラ協会のローズ オブ ジ イヤーと香りの賞を同時にとったバラ」だそうです。
香り、どうだったかなあ。。近くにいるだけでふわっと香りに包まれる花は確かにあったのですが、それがこのバラだったかどうかは覚えてません。。

※  ※  ※

他にも何種類か撮ったのですが、きれいに写っていたのはこれくらいかな。
ベルベットのような花びらのバラがあって、とても気に入ったのですが、帰ってきて写真を見たら全然きれいに撮れてませんでした。残念。。

バラは見た目の華やかさに目を奪われて、いつも香りを嗅ぐのを忘れてしまいます。気をつけていても、ついつい写真を撮るのに夢中になっていたり。。
今度は香りにも注意して鑑賞したいです。

植物園では10月22日から秋のバラまつりも行われるようです。行けたら行ってみようかな。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA