今日という春の日

西日は傾いている。
私の横顔をまっすぐに照らしている。
春を告げる薄いピンクの花びらが、風に舞っている。
芝生の上で子どもたちが笑っている。

子どもたちの笑い声を消さないように、ギターの音色が優しくささやく。
八分咲きの桜の木の下で、青年が歌う。
空に向かって、優しく歌う。
とぎれとぎれに、聞こえる。

風は冷たい。
揺れる木々のざわめきは寂しい。
西日に照らされていても、体は震える。
でも、あたたかい。
あたたかい何かに包まれている。

ある春の日。
もう春の日。
冬の背中は見えなくなっていた。
今日は春の日。

2 comments to “今日という春の日”
  1. 今年は春が遅くて、庭のハナニラはやっと満開になりました。
    ムスカリと一緒に植えてあります。
    桜はまだ見かけません。 4月になりましたね。 お元気でしたか?

  2. >iwamotoさん
    お久しぶりです。
    こちらの桜はだいぶ咲いていますよ。
    今日2ヶ所公園に行ってきましたが、どちらもほぼ満開でした。
    私は何もなく元気にしています。
    3月いっぱいで仕事を辞めたのと、新しい彼氏ができたこと以外は例年と変わらない春です。
    ご無事で何よりでした。
    私は震災のことに関しては、いまもまだ語る言葉を見つけられないままです。
    私の日常はあれからも、何も変わらないんです。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA