春のモミジ

110409イロハモミジ絵画っぽく

モミジはなんと言っても秋の紅葉ですが、春のモミジも見所たくさんです。
モミジにも様々な種類があり、年中葉が赤いものや、春に赤い葉をつけ、夏にかけて緑になり、秋に紅葉するものもあるそうです。

先日福岡市植物園で見た、春のモミジ。

110409イロハモミジ赤
これは年中赤い葉っぱのもの……かな。
街中でも民家に植えているのをよく見かけます。

110409イロハモミジ
赤から黄色に変わり始めている木。
緑色の葉に花がついているのは見たことあるのですが、黄色い葉は初めて見ました。
コロンとついてる赤い花が可愛らしいです。

110409イロハモミジの花
110409イロハモミジの葉

こちらは緑色。手前のぼやけているのもモミジです。
110409イロハモミジの葉緑

おまけ。

110409羽団扇楓
これは(たぶん)羽団扇楓(はうちわかえで)という種類の楓です。
葉が大きいです! 産毛のようなものは「葉毛」というらしいのですが、ネットで調べてもあまりヒットしませんでした……。

春のモミジは花もついていて、秋とは違った楽しみがあります。
オススメです!!

2 Comments
  1. 新しい葉が赤いのは、赤ちゃんだからですよね。
    紅葉は、そのメカニズムは説明できるけれど、何故紅葉するのかは分からないですよね。 どうして赤くなりたいのか。 不思議です。
    カエデ属の花? 見たことないかも。 気にしておきますね。
    「翼果」は見たことありますか? プロペラみたい。 素晴らしいですよ。

  2. >iwamotoさん
    赤ちゃん!なるほど(^^)
    花は何度も見たことあるのですが、翼果は見たことないです。要チェックですね!!

コメントを残す

CAPTCHA