2012年のまとめ ~映画編~

2012年に鑑賞した映画は計39本でした。2010年は45本、2011年は72本、ときて、2012年は・・・。
だいぶ減りました。言い訳をさせてもられば、とにかく余裕がなかった、と。時間的にも精神的にも。あと、9月のアジアフォーカスで一年の映画熱を使い果たしてしまったのも大きかったです。あのあと、映画を見る気力をすっかり失ってしまいました。ある意味、2012年の映画鑑賞のハイライトはアジアフォーカス・・・?
鑑賞本数が少ないのでべスト10を選んでいいのかどうかと思うのですが、一応選んでみました。

『おおかみこどもの雨と雪』 (日本)
『かぞくのくに』 (日本)
『桐島、部活やめるってよ』 (日本)
『サニー 永遠の仲間たち』 (韓国)
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 (アメリカ)
『人生はビギナーズ』 (アメリカ)
『ダンシングクイーン』 (韓国)
『BOL~声をあげる~』 (パキスタン)
『カーハニー/物語』 (インド)
『さかなの寓話』 (フィリピン)

『ダンシングクイーン』以下はアジアフォーカスで鑑賞した作品です。
『おおかみこども~』『かぞくのくに』『桐島、部活やめるってよ』は鑑賞記録を書いていないのですが、どれも素晴らしい作品でした。これらの感想も素晴らしいものがネットにたくさんあるはずなので、未見の方はお探しになってみてください(他人任せ)。

というわけで、以下、今年鑑賞した映画リストです。最後のほうに、1年間の感想をちょろっと書いてます。

※ ※ ※

2012年は、すべて劇場でのみの鑑賞となりました。
星の数は満足度です(満点5つ)。 ※月別の鑑賞記録と★の数が違う作品もあります。後に感想が変わってしまったものです。スミマセン・・・。
リンク先はその作品の感想です。月別の鑑賞記録ですが、ご参考までに。(リンクがないものは感想は書いてません)
( )内は製作国です。誤りはないようにしたつもりですが、ありましたらお知らせください。

<2012年公開作品・邦画> (7本)
★★★★
『おおかみこどもの雨と雪』
『かぞくのくに』
『桐島、部活やめるってよ』
『聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実』

★★★
『麒麟の翼~劇場版・新参者~』
『僕達急行 A列車で行こう』
『テルマエ・ロマエ』

<2012年公開作品・洋画> (16本)
★★★★
『サニー 永遠の仲間たち』 (韓国)
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 (アメリカ)
『人生はビギナーズ』 (アメリカ)
『マイウェイ 12000キロの真実』 (韓国)

★★★
『アーティスト』 (フランス)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (アメリカ)
『善き人』 (イギリス・ドイツ)
『哀しき獣』 (韓国)

★★
『サラの鍵』 (フランス)
『ブレイクアウト』 (アメリカ)
『ヴィダル・サスーン』 (アメリカ)
『青い塩』 (韓国)
『トガニ 幼き瞳の告発』 (韓国)
『ポエトリー アグネスの詩』 (韓国)


『痛み』 (韓国)
『幸せの教室』 (アメリカ)

<アジアフォーカス・福岡国際映画祭> (16本) 感想はこちら
★★★★
『ダンシング・クイーン』 (韓国)
『BOL~声をあげる~』 (パキスタン)
『カーハニー/物語』 (インド)
『さかなの寓話』 (フィリピン)
『アモク』 (フィリピン)
『美しい都市(まち)』 (イラン)

★★★
『彼女が消えた浜辺』 (イラン)
『火祭り』 (イラン)
『未来へつづく声』 (トルコ)
『天龍一座がゆく』 (台湾)
『わが友ラシェド』 (バングラデシュ)

★★
『やさしい女』 (スリランカ/インド)


『ミスターツリー』 (中国)

? (途中で寝てしまった作品・・・)
『9月』 (トルコ)
『バラナシへ』 (韓国)

※  ※  ※

あらためて、2012年はあまり映画館に足を運べませんでした。残念。アジアフォーカスの楽しかった思い出ばかりがよみがえります・・・。その中で、ベスト10に選んだ邦画3本(『おおかみこどもの雨と雪』『かぞくのくに』『桐島、部活やめるってよ』)は見逃さなくてほんとによかった。
今年もいい感動に出会いたい・・・ですが、いまだに映画熱は復活せず。どうしたもんか。
とりあえず、今年も自分のペースでのんびり見ていきますってことで・・・。

コメントを残す

CAPTCHA