今年も秋がやってきた

涼しくなり、すっかり秋模様。
コスモスや紅葉に黄金の稲などが、緑で染まっていた風景をやさしく彩る季節になりました。

例年ならちょっと遠出して紅葉狩りなどに出かけていたのですが、今年は諸事情により遠出する機会もなく、コスモスさえまだ見ていないという(!)。
なんてことでしょう・・・

今は仕事が忙しくて忙しくて。イレギュラーで業務が増えて、やらなければならないこと・やりたいことはたくさんあるのに、とにかく時間が足りません。
上司が私を信頼してくれて、今まで以上にいろいろな業務を振ってくれて、信頼してくれるのはとても嬉しいし、期待に応えたい気持ちはあるのですが、いかんせん時間が足りない。毎日数時間の残業では足りず、そろそろ休日出勤もする羽目になりそう。残業や休日出勤をすることより、やりたいことができないほうが嫌ですからね、それほど苦にはなりませんけど(私って仕事人間なのかなあ)。

いろいろあって、私がいる部署は他の部署に比べて人の出入りが激しく、ここ数か月で数人辞めてます・・・。新しい人を雇うのにも時間がかかって(募集すれば人は来るけど、いい人材は来ないらしい)、常に人不足の状態。
そんな多忙な時に限って、他部署やさらに上の人間がイレギュラーでいろんなことを押し付けてくるんですよね。私の上司もいっぱいいっぱいで、ほんと最近はみんな疲れてイライラしている状態です。
私はというと、お金(残業代はしっかり出るんで)と、その上司の信頼に応えるためと、それだけがモチベーションでやっているようなもんです。

こんな状況を見ていると、ああ、うちっていわゆるブラックなのかなあとも思ったりするのですが、私個人はそれほど苦ではないんですよね。これまでの人生を思えば(笑)。
まあ、パートという立場だから求められることも多くはないですし、求められるレベル以上のことができれば、上は何も言いませんからね。給料はきっちり支払われるし(頑張った分だけお金になるのはありがたい)。
社員さんのほうがずっと大変だし、辛いはず。パートなんて使い捨ての駒のようなもんですけど、だからこそ楽でいられる部分もあります。
一番の問題は、30過ぎて正社員経験のない私がこんなこと言っていていいのか、という。
ほんとに、このまま目の前の日々に追われて過ごしていたら、将来とんでもないことになりそう。ある程度覚悟はしているつもりですけど。

※  ※  ※

そんなこんなの日々を送っています。
久しぶりに、仕事の愚痴(?)、書いてみました。何か書きたい、と思ったものの、これくらいしか書くことがなく・・・。

プライベートでの楽しみと言えば、映画祭も終わり、プロ野球もペナントシーズンが終わり(あとは楽天ゴールデンイーグルスの日本一を見届けるのみ!)、次はフィギュアスケートですね!ソチ五輪に向けて、熱くなってきました。
個人的にソチ五輪の楽しみは、浅田真央の金メダル、(望みはかなり薄いですが)好きな選手の一人である米国のジェレミー・アボットのメダル、あとは高橋大輔の集大成の演技を見ることでしょうか。
アボットと大ちゃんは、五輪出場も危うい・・・かも。年齢的にもしんどいですからね(27歳でベテランなんて、過酷な競技です)。特にジャンプが厳しい。やっぱりジャンプ飛んでなんぼの競技だなあと、今日TV見てて思いました。
(ジャンプがないスケートも好きですよ。むしろ滑りと表現で魅せるスケートのほうが好きと言ってもいいくらいです。それでも、4回転・3回転の連続ジャンプが綺麗に決まった時のあのワクワク感は、忘れられない。)
どんなに才能と技術があっても、「年」には逆らえない。寂しいです。だからこそ、輝く「時」があるのだろうけど。

スポーツを見ていると、年齢を重ねることの寂しさを感じます。若い頃というのは毎日が成長だから、不安はあっても期待や希望の方がずっと大きくて、ワクワクするばかりなのにね。
プロ野球では、今月はいろんな選手の引退試合に涙しました。よく知らない選手の試合でも涙が出ちゃって、まぶた腫らしてました。

秋ですね。
思いがけず涙が溢れる季節。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA