カメラをバッグにしのばせて

一眼レフカメラを買って1ヶ月が経ちました。


※  ※  ※

カメラを買って以来、毎週末カメラをバッグにしのばせてどこぞの公園へと出かけています。
いろいろな被写体にレンズを向けているうちに、これまで興味のあった花木などの植物だけでなく、動物にも興味を持つようになりました。
特に植物園でメジロに遭遇してからは、野鳥が気になっています。


大濠公園や舞鶴公園のカモくらいしか興味のなかった私が、野鳥の写真を載せたブログやFlickrを進んで見るようになりました。公園を歩いていても、小鳥のさえずりが聞こえると、木を見上げて、その姿を探しています。
写真はまだ、カモ以外には上記のメジロと、舞鶴公園に越冬しにきているユリカモメ(トップの写真)しか撮れていませんが…。
植物だけでなく、動物たちも季節の移ろいを伝えてくれるんですね。そんな当たり前のことに、感動を覚えているこの頃です。

最近はカメラばっかり触っているので、ブログの記事もそういった内容ばかりになっています。
公園で撮った写真を載せるのはもちろん「日々の記録」という側面もありますが、私自身がそうであるように、誰かがどこかへ行く、そのきっかけとなる情報提供ができれば…という思いもあります。

私のブログは以前も触れましたが、角田光代さんの小説の感想記事へのアクセスがダントツに多いです。
そんな中、先月は近所(というにはちょっと遠いですけど)にある宇賀神社という神社のことを書いた記事へアクセスが集まりました。
5年前の記事で、写真もショボイので恥ずかしいのですが、こういった福岡のことを扱った記事へアクセスがあると嬉しいです。
私の記事を見て「出かけよう!」と思ってくれる人が1人でもいれば、時間をかけて書いている甲斐があるというか。いくら個人的な日記ブログとはいえ、やはり少しでも誰かの役に立てれば…という気持ちはあるので。

※  ※  ※

日曜の夜になると、ブログを書きながら、「来週はどこに行こうかなあ」と考えています。
今月は梅が見られる場所を中心に出かける予定。舞鶴公園や太宰府天満宮(人が多そう…)などの定番の名所以外にも、東公園のように隠れた名所(?)を見つけて、初春を楽しみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA