『アメリカン・スナイパー』

クリント・イーストウッド監督による、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝の映画化作品。

※  ※  ※

ストーリーは映画.comより。

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。

以下、ネタバレあり。

この映画を「愛国的作品」と見る向きもあるようなんですが、私にはどうしてもそのようには見えませんでした。むしろ、監督はクリス・カイルを批判してさえいるのではないかと。亡くなったばかりの人物を描いた作品にしては、少しデリケートさに欠けるのではないかと思ったくらいに。ただ、これはクリス・カイルではなく、アメリカそのものを描いているのだと考えると、彼に向けられていたシビアな眼差しにも納得がいきます。

この映画を象徴する、とても印象的なセリフがあります。カイルが妻となる女性と初めて出会った時に口説き文句として使った、「男が身を滅ぼす原因は『傲慢さと酒と女』だ」という旨のセリフです。
カイルは酒と女で身を崩すことはありませんでしたが、最後まで彼から「傲慢さ」が消えることはありませんでした。
彼が殺されたのはそれが原因だなどととても言えませんが、考えずにはいられないのもまた事実です。

カイルの人生や戦地での言動を見ていると、そこにどうしてもアメリカという大国の姿が重なって見えます。
スナイパーとして多くの味方を助け、「レジェンド」と呼ばれるようになったカイルですが、戦地への派遣回数が増えるに連れ、共に戦うメンバーも変わっていきます。「レジェンド」と彼を慕っていた兵士たちは命を失い、また精神を病んで戦地をあとにする。カイルが一人になってしまったように、独り歩きしていく「レジェンド」という言葉も、いつしか彼を揶揄する言葉となっていました。
そして、最後となった4回目の派遣。カイルの目的は、味方を守ることでもなんでもなく、親しかった兵士の命を奪った敵の狙撃手を自分の手で殺す、ただそれだけとなっていました。いま共に戦っている仲間たちの安全を考えることももはやなく、その行為は傲慢ともとれるものでした。
この4回目の派遣後、カイルは軍を除隊します。肉体も心も屈強に見えた彼もまた、他の兵士たちと同じように戦争により心を蝕まれていたんです。
除隊後、カイルはPTSDを克服し、今度は戦争で心を病んでしまった兵士たちを救おうと、活動を始めます。しかし、その活動で助けるはずだった兵士によって、殺害されてしまいます。

「仲間を守る」「国を守る」という大義名分のもと、子どもさえも標的にするスナイパー。
蝕まれた心を隠すように鍛え上げられた鋼の身体で戦地へと向かうその姿は、泥沼化する戦争の悲劇から目を背け、大義名分を振りかざす大国の姿でした。
最後はクリス・カイル本人の葬儀の映像が使われていました。大々的に行われた葬儀の記録が流れた後、真っ暗になったスクリーンで始まったのは無音のエンドロール。延々とこの作品の制作に関わった人々の名前が流れていく中で聞こえてきたのは、疲弊した多くのアメリカ兵たちの悲痛な叫びです。

興味深いのは、戦闘シーンが非常にスリル満点でテンポよく描かれているところです。まるでアクション映画を見ているような気分で、正直言って「面白かった」です。音楽もわざわざ盛り上げるようなものを使っているんです。
これはこの映画の長所なのか欠点なのか、私にはわかりません。
対して、カイルが心を病んでいく過程とその葛藤はあまり丁寧に描かれていませんでした。そのために(?)、カイルの心理状態を妻が代弁していて(「あなた、人の心を取り戻して」というようなセリフが連呼される)、その点が個人的には不満でした。戦闘シーンにかける時間を少し減らして、カイルの葛藤にもっと迫っても良かったのではないかと。

どこかアンバランスなんですね、ラストの葬儀映像や無音のエンドロールまで含めて。映画に一本の芯が通っていないようにさえ感じてしまう。「監督は何が描きたかったんだろ?」と。
でも、その不明瞭さこそが描きたかったものだったのかな、とも思います。
信念が揺らぎ、未来を探しあぐねる大国の疲弊と不安は、確かにスクリーンに映し出されていました。

アメリカン・スナイパー
『アメリカン・スナイパー』
原題:American Sniper
2014年/アメリカ/132分
監督:クリント・イーストウッド
脚本・製作総指揮: ジェイソン・ホール
原作:クリス・カイル、スコット・マキューアン、ジム・デフェリス
キャスト:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス 他
※3月17日、UCキャナル13にて鑑賞。

コメントを残す

CAPTCHA