磯崎憲一郎『終の住処』

『終の住処』第141回芥川賞受賞作です。 こちらの書評を読んで興味を持ち、読んでみました。現代小説に自ら進んで手を出すことは滅多にありませんが、普段小説など読まない(評論系は読む)知人が突然、「読んだ。でも批判的な選者の