川端康成『舞姫』

森鴎外ではありません。川端康成の作品。 元バレリーナで今はバレエ教室を開いている母の波子、母とは違う教室でバレエを習う娘の品子。妻にたかって生きてきた父の矢木と、両親に否定的な息子・高男。それに波子の元恋人・竹原など、矢

川端康成『雪国』(2010)

なんと言えばいいのか。 感想を言葉にすることさえ許さない圧倒的な世界の前に、ただひれ伏すのみ。 といった心境です。 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。 有名な出だしで始