焼きそばの話

20日、21日の2日間、北九州市でB級ご当地グルメの祭典、B-1グランプリが行われました。


…行きませんでしたけど。(ちょっと行きたかった)

B級グルメの定番といえば、焼きそば。B-1グランプリでも浪江など全国各地の焼きそばが何店も出店していたそうで、昨日地元のラジオを聴いていたら、「焼きそば多すぎ。焼きそばだけ予選するべき」なんて冗談にされてました(笑)。

ま、それはさておき。
我が家では焼きそばはお金を出して食べるものではなく、麺と粉末ソースがセットで3食入った(安売りで98円で売っているような)ものを買ってきて、肉と野菜をドバッと入れて食べる、まさに家庭だけの料理でした。
お店で焼きそばを注文して食べるなんて、考えたことありませんでした、つい最近まで。

でも、世の中には焼きそば専門のお店があるんですね。

想夫恋(そうふれん)

日田焼きそばの専門店。
大分を中心に福岡や佐賀などで展開しているお店です。
実は、いまお付き合いしている方が日田の出身で、よく連れていってもらってます。
上記の通り、私の中では(彼と出会うまで)焼きそばは家で食べるものでしたから、初めて行ったときは本当にびっくりでした。
焼きそばを店で食べる? しかも焼きそばだけで800円? (値段は今でも高いと思う)
さらに驚いたのが、焼きそばの具材でした。
我が家では豚肉、キャベツを始め、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなど野菜をたくさん入れるんですね。
しかしこのお店の焼きそばは、豚肉ともやしがメイン。あとはネギがぱらっと。(&生卵をかけて食べたりする)
見た目も味も全然違って、焼きそばって具材や作り方でこんなに味が変わるものなの? と、私の焼きそば観はこの日田焼きそばとの出会いで大きく変わったのでした。

今日も、お昼は想夫恋で生卵入りの焼きそばをいただきました。美味しかったです。彼は否定しますが、私は生卵入りが好きです♪
値段はやっぱり高いと思いますけどね(^^;)

ここに行くようになってからは、家で焼きそばを作る時も具材はもやしと豚肉だけにするようになりました。さすがにお店の味を再現することはできませんが、それまでの我が家の焼きそばに比べてシンプルな味わいで、なかなか美味しいです。
具材が違うだけでも結構味が変わるんですね。
我が家ではキャベツや玉ねぎ、にんじんを入れていたせいか、甘いんです。焼きそばのソースの味を消してしまっていたのかな、と思いました。

ちなみに、具材の話ばかりしてしまいましたが、日田焼きそばはたぶん具材よりも硬めに焼く麺が特徴です。一部焦げるくらいに焼いていて、パリッ(カリッ?)として食べ応えありますよ!

※ ※ ※

おまけ。
安の里公園.jpg
今日ドライブの途中で寄った、筑前町の安の里公園近くのコスモス畑。
大きな鉄塔を囲むようにコスモスが咲いてます。
最近は、どこに行ってもコスモス畑がありますね、大小問わず。

※ ※ ※

人との出会いは食との出会いでもあるんだなあ、なんて思ったり。
大事にしたいですね、さまざまな、出会い。

コメントを残す

CAPTCHA