朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』

高校生が書いた長文ブログを読んでいる気分だった。

舞台はとある田舎の県立高校。バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が部活をやめた。その突然の出来事をきっかけに、同級生5人の生活に小さな波紋が広がっていく…。
野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。

読む前に想像していたさわやかな青春物語ではなかった。むしろ、高校(あるいは田舎?)という小さな社会で生きるがゆえの、狭くて行き場のない――しかし精一杯の、思いと人間関係を堂々と描いていた。
同級生を目立つおしゃれなグループである「上」と、地味で笑われる存在である「下」、そのどちらにも属さない(どちらかといえば上に近いかもしれない)グループにわけ、それぞれのグループに属する5人の視点による些細な、しかし彼らにとっては重要な日々が描かれる。

この話には、タイトルになっている「桐島」は登場しない。
桐島がやめたことによって5人に起きた変化の物語だ。皆が桐島と直接関係があるわけではなく、中には「桐島?誰それ?」という人物さえいるが、学校という小さな社会の中で、直接か間接かに関わらず、人は必ず繋がっているということが示されている。
ストーリー展開は巧みで、伏線を見事に回収していく。特に良かったのが、野球部の「菊池宏樹」と映画部の「前田涼也」の繋がりだった。
野球部の彼は最初の章と最後の章に登場する。「上」と「下」と「その他」の人間を描いたあと、最後に「上」の彼がくだす決断は、物語の中で一番さわやかかもしれない。そして、行き詰まった人間関係と青春に、光をもたらしてくれる。

ページをめくりながら、作者の朝井リョウさん(20歳)はどのグループに属していたんだろう、と思わずにはいられなかった。

私はどちらかというと「下」に近いグループだった。地味だし目立たないし、やることなすことどこかおかしくて、笑われるタイプ。おしゃれになりたいのになれずに悶々としていた人間だ。
成績は上位で、運動神経は悪くはなかったから、映画部の二人よりは“マシ”だったかもしれないが、心理的には彼らに似た状態にあった。彼らの話が一番胸に詰まったのは、彼らの考えは私が高校時代に考えていたことそのものだったからだ。

「下」の人間の心理描写がずばりそのものだったので、作者は「下」に近いグループに属していたのではないかと私は考えた(こんなに詳しく書けるのは、実体験として感じたからだろうと思った)。ところが、あるレビューには作者は「上だろう」と述べている方がいた。
私は「上」の人間の気持ちがわからないので、「ほんとにこんなこと考えてるの?」と半信半疑で読んでいた。知らない私には「上」の人間の思いにリアリティが感じられなかったのだ。

いま思えば、感情移入というか、自分の過去が思いの外いまも胸の中に突っかかっていることに驚き、客観的に読めなかったのかもしれない。
見事に作者の罠に引っかかってしまったようにも思う。まさに「やられた」と。
あとからじっくり物語を振り返ってみると、なるほど、作者は「上」のグループだったのかもしれない。菊池は作者自身を投影した人物なんじゃないかと、いまは思う。

文体は一人称。セリフはすべて方言で書かれている。
どこか関西風味の奇妙な方言だが、どうやら岐阜弁らしい(作者は岐阜出身。けっして変な関西弁というわけではないよう。岐阜は滋賀に隣接している)。岐阜弁が関西弁に似てる部分があることを初めて知ったが、それがこの作品を読んでの一番の収穫だった。
その岐阜弁で語られる台詞が、いいリズムを生んでいる。
しかし地の文はしっかり共通語で、そのギャップに慣れるまで一章かかった。
瞬間的でリアリティとスピードの溢れるセリフと、丁寧な情景描写はアンバランスで違和感を覚えつつ、ふと、これはある日の出来事を書いた高校生の長文ブログを読んでいると思えばいいんだと考えた。いったんそう思うと、すんなり読み進めていくことができた。
高校生が語るにはやけにくすぐったい表現でも、背伸びした高校生のリアル日記と思えば気にせずに読める。
そう読ませてもらえる「リアルさ」が、この作品にはあった。

どなたかが批評で述べていた「それがすべてだった」という言葉(うろ覚えだけど)が、この作品を見事に表しているように思う。
小さくて狭くて、馬鹿らしくて愚かにさえ見える彼らの言動だが、17歳、それが彼らにとっての世界、すべてだった。
「岩井俊二」や「チャットモンチー」といったキーワードも、彼らの世界の狭さの象徴だろう。「映画好きには邦画好きが多い」といったセリフとか。

文体が独特だし、荒削りなので好き嫌いの分かれるところだろうが、私は正面から素直に受け取りたいと思った。

桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
著者:朝井 リョウ
集英社(2010-02-05)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

コメントを残す

CAPTCHA