『ひまわり』

ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ共演、第二次世界大戦で引き離された男女の愛を描いたドラマ。

※  ※  ※

昨年末、同じソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ共演の『特別な一日』を無料動画配信サイトで見たのですが、同じサイトで今回は『ひまわり』を見ました。

ソフィア・ローレン演じるジョバンナとマルチェロ・マストロヤンニ演じるアントニオ。2人の恋愛を軸に、戦争の悲しさを描いています。
ストーリーはWikipediaより

第二次世界大戦終結後のイタリア。出征したきり行方不明の夫の消息を求め、関係省庁へ日参する女性の姿があった。
戦時中、洋裁で生計を立てるジョバンナとアフリカ戦線行きを控えた兵士・アントニオは海岸で出会い、すぐに恋に落ちた。12日間の結婚休暇を目当てに結婚式を挙げたふたりは幸せな新婚の日々を過ごすが、休暇の12日間は瞬く間に過ぎてしまう。精神疾患による除隊を目論んだアントニオは首尾よく精神病院に入院するが、あえなく詐病が露見。懲罰の為、ソ連戦線へと送られてしまう。
終戦後、ジョバンナは年老いたアントニオの母親を励ましながら夫の帰りを何年も待ち続け、ようやく同じ部隊にいたという男を見つける。男の話によるとアントニオは敗走中、極寒の雪原で倒れたという。ジョバンナは愛するアントニオの生存を確かめるため、ソ連へと足を運ぶ。

ジョバンナがソ連で出会ったのは、アントニオの新しい妻マーシャと娘でした。

戦争によって引き裂かれたジョバンナとアントニオの境遇を描いていますが、強く印象に残るのは、ジョバンナやロシア人の若妻マーシャ、アントニオの年老いた母といった女性たちの姿です。
帰らない夫を待ち続け、一人でかつての敵国へと乗り込むジョバンナ。
極寒の異国の地で凍死寸前になっている敵兵を助け、献身的に看護をし、新しい愛を育んだマーシャ。
多くを語らず、ただ静かに息子の帰りを待つ母。

アントニオの優柔不断な面が目立つ分、彼女たちの忍耐強さが目立ちます。ジョバンナとマーシャの間を行ったり来たりするアントニオには「コラ!」と一言言いたくなりますが、誰が悪いということではなく、これが戦争で人生を翻弄された人々の悲劇なんですね。
タイトルの「ひまわり」は、ロシアの国花。劇中、アントニオを探して回るジョバンナが、戦争で命を失った多くの人々を弔うように植えられた広大なひまわり畑を訪れます。
どこまでも続くひまわり畑、そして墓地。
激しい戦闘シーンは描かなくても、戦争の悲惨さがずしりと重く伝わってきました。

戦争に翻弄され、引き裂かれたジョバンナとアントニオ。長い時を経て再会したジョバンナとアントニオの一連のやりとりは、過去と現在、そして未来の間で揺れ動く男と女の苦悩があらわれていました。

新しい人生を歩み始め、すっかり過去を忘れていた?アントニオも、ジョバンナの姿を一目見ただけで、彼女への思いが過去から溢れ出し、イタリアまで行ってしまいます。
イタリアで2度目の再会を果たした2人。過ぎてしまった時間を取り戻そうとするアントニオに対し、揺れる心を抑えて、今ある生活を選んだジョバンナですが、そんな彼女も、アントニオが会いに来るとなった時には、かつて彼にもらったイヤリングを身につけているんです。
アントニオからの最初の電話があった際には「会わずに別れましょう」と告げながら、もう一度電話がくると、(アントニオもしつこかったとはいえ)彼が自宅に来ることを許してしまいました。
過ぎてしまった時間はもう戻らないのだと、戻してはいけないのだとわかっていても、「あの頃のときめき」がよみがえる。
2人の複雑な感情が痛いほど伝わってきて、涙がこぼれました。

…涙と言えば、ソフィア・ローレン。
ソ連の駅でアントニオと再会したシーンは、圧巻の演技でした。
列車から降りてきて、マーシャにキスをしようとするアントニオの姿を目にし、一言も発することなく、再び動き出した列車に飛び乗ったジョバンナ。列車の中で号泣する彼女を見ながら、こんなに素晴らしい別れのシーンがあるのかと震えました。
この作品では駅が効果的に使われていますが、どの駅のシーンでも、ジョバンナを演じるソフィア・ローレンの姿が強い印象を残しています。
『特別な一日』では、紳士的な同性愛者を演じたマルチェロ・マストロヤンニが印象に残りましたが、この作品は女性の映画でしたね。

※  ※  ※

戦争という題材を扱っていますが、メロドラマ、美男美女のスター、そして哀愁漂う音楽と、娯楽として十分楽しめます。ヨーロッパの映画はちょっと苦手であまり見ないのですが、何の違和感もなく入っていくことができました。完成度は『特別な一日』のほうが高いかなあ。。
それにしても、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、魅力的な俳優さんですね。
機会があれば、また2人の共演作を見てみたいです。

『ひまわり』
1970年/イタリア/101分
監督・製作:ヴィットリオ・デ・シーカ
出演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サベリーエワ、アンナ・カレナ 他

コメントを残す

CAPTCHA