福岡散歩~冬模様2015(福岡市植物園・福岡市中央区)



※  ※  ※

昨日は青空の下で冷たい風がしんと吹く、冬らしい一日でした。
ベランダで洗濯物を干していたら手がかじかんでブルブル震えるほどだったんですが、せっかくのいい天気なのでカメラを持って福岡市植物園に。
やっと、青空とロウバイが撮れましたよ~♪(メジロちゃんとロウバイのコラボも撮れたので、それは次回ご紹介します!)

寒い冬だからこそホッとするあたたかい写真を、と思い、昨日は「冬の陽射し」にこだわって撮ってきました。
この季節の花木とともに、どうぞ。


早咲きのウメ「セツゲツカ(雪月花)」。
福岡市植物園で一番最初に咲くウメですね。花木園Bの隅っこのほうにひっそり咲いています。
その他のウメも、陽当たりの良い木は咲き始めていました。やっと、ですね!


こちらはウメではなく、サクラ「ジュウガツザクラ」です。
秋から冬にかけて咲く品種はいくつかありますが、どれも寒そうに咲いてますよね。いまにも壊れちゃいそうな小振りな花が多いです。


この日の一番の目的、ロウバイ!
前回見に行ったのが先々週だったので、もしかしたらもう散ってるのでは…と不安だったんですが、今が満開ですね。
よかったよかった。


ツバキ。
最近は落ちたツバキをよく撮っています。撮れば撮るほど、構図を作るのが難しくなっていきますねー。。


ドイツトウヒ。
クリスマスツリーというとモミの木ですが、この木もよく使われる木だそうです。
この木は「針葉樹園」コーナーにあります。花がなくて鬱蒼としていて、植物園の中では目立たない場所なんですが(私もあまり行ったことなかった)、行ってみると思わぬ発見がありますね。特にこの手の木は、光を使えばいろいろ面白い写真が撮れそうなので、これから挑戦していきたいです。


アジサイの若葉。
春に向けて「ふんっ!」と踏ん張るように開く若芽や蕾は、見ているだけで元気をもらえます。


こちらはハナナ。ナノハナの一種です。見頃は2月上旬になるとこのこと。


チャレンジの1枚。
あたたかい陽射しを表現したくて、あえてぼかして撮ってみたんですが…。うーん、いまいちですね^^;

今回のベストショット。

※  ※  ※

震えながらでも当たっていたい光ですよね、冬の陽射しって。

次回は、メジロなどの野鳥の写真をご紹介します。(これまでで一番よく撮れたかも!!)

コメントを残す

CAPTCHA