今冬鑑賞したい映画リスト(随時更新)

昨年末に書いたこのリストですが、少し整理したいので、本文を書き直しました(書き直し:1月30日)。
1月は少し映画を見過ぎてしまって(その割には大きな感動を得られたのは1本のみ)、2月は本数を減らそうかと考えています。そのためにリストの内容も見直すことにしました。

1月は邦画や韓国・中国・台湾といったアジアの映画を中心に見ました。いまのところ(30日現在)、非アジア圏の映画は『クリスマス・ストーリー』(フランス)の1本のみ。
2月も気になる作品は邦画が多く、邦画中心の月になりそうですが、『ソーシャル・ネットワーク』、『英国王のスピーチ』など賞レースを賑わしている作品は見逃さないようにしておきたいです。

というわけで、以下「今冬鑑賞したい映画リスト(見直し版)」です。
リストから外した作品は削除しました。

※  ※  ※

まずは12月に見た作品について少し→下部に移動

ではでは、12月以降公開の見たい映画リスト。

公開中・上映終了作品
『洋菓子店コアンドル』 (ソラリアシネマ) 2/23鑑賞
『アブラクサスの祭』 (シネリーブル博多駅) 2/16鑑賞 →感想
『毎日かあさん』 (中洲大洋) 2/13鑑賞 →感想
『愛する人』 (ソラリアシネマ) 2/13鑑賞 →感想
『ソーシャル・ネットワーク』 (UCキャナルシティ13) 2/3鑑賞 →感想

『モンガに散る』 (UCキャナルシティ13) 1/28鑑賞
『相棒-劇場版Ⅱ』 (UCキャナルシティ13他) 1/25鑑賞
『その街のこども』 (シネリーブル博多駅) 1/19鑑賞感想
『スプリング・フィーバー』 (シネリーブル博多駅) 1/15鑑賞
『クリスマス・ストーリー』 (ソラリアシネマ) 1/15鑑賞
『悪人』(再映・ソラリアシネマ) 1/9鑑賞 →感想
『金正日花/キムジョンギリア』 リアル!未公開映画祭 (シネリーブル博多駅) 1/9鑑賞

『海炭市叙景』 (KBCシネマ) 12/29鑑賞 →感想
『ノルウェイの森』 (UCキャナルシティ13他) 12/24鑑賞
『冬の小鳥』 (KBCシネマ) 12/22鑑賞

『戦火の中へ』 (ソラリアシネマ)

『ハーモニー』 (KBCシネマ) 上映終了。未見。
『大奥』(再映) (ソラリアシネマ) 上映終了。未見。
『レオニー』 (KBCシネマ) 上映終了。未見。

リスト外の鑑賞映画
『ニューヨーク、アイラブユー』 (再映・ソラリアシネマ) 2/12鑑賞
『ゴースト もう一度抱きしめたい』 (再映・ソラリアシネマ) 2/11鑑賞
『ヒアアフター』 (試写会) 2/9鑑賞

『7級公務員』 (UCキャナル) 1/26鑑賞
『白夜行』 (試写会) 1/24鑑賞
『犬とあなたの物語』 (試写会) 1/12鑑賞
『母なる証明』 (DVD) 1/8鑑賞
『息もできない』 (DVD) 1/4鑑賞感想

2010年2月公開
26日 『英国王のスピーチ』 (天神東宝)

……と、見直したのですが、結局増えてますね(笑)。
2月は5本程度に絞ろうかと思っているのですが、この中からどれを選び、どれを諦めるか。迷いますね……。
ふう、貧乏ってこういうとき嫌になる!!(←もっと働け!)

※  ※  ※


12月に見た映画について少し

『黒く濁る村』(12/3鑑賞)
『バーレスク』(12/13鑑賞)
『冬の小鳥』(12/22鑑賞)

『黒く濁る村』は秋編のリストに入れていましたが、今月始めに見ました。
ツイッターの評判を見て期待しすぎていたせいか、鑑賞後は大きな満足は得られなかったのですが、楽しめる作品でした。主演のパク・ヘイルが好みのタイプでドキドキ(笑)。感想は
こちら

クリスティーナ・アギレラ主演の『バーレスク』は試写会で。
こちらはアギレラのミュージックビデオといったところ。共演のシェールや彼女の相棒役を演じたスタンリー・トゥッチがいなければただのアイドル映画になっていたかも。
アギレラの歌唱はもちろん良いのですが、個人的にはシェールが劇中に歌ったバラードがとても気に入りました。
二人のファンは十分満足できるかと思います。

『冬の小鳥』は韓国とフランスの合作映画。父親に捨てられた9歳の少女の心の旅を描きます。
傑作と評判高く、見ておきたかった作品。主演の女の子の演技に圧巻です。恐ろしいほどの目の演技。
近いうちに感想を書きたいと思います。 書けませんでした、すみません。

コメントを残す

CAPTCHA